ほったらかし自動アフィリエイトで稼ぐ方法

TVで話題沸騰!〜クロロゲン酸とはなに!?

TVで話題沸騰!〜クロロゲン酸とはなに!?

発掘!あるある大事典2  ブラックコーヒーにそう身効果?
「やせるってホント?コーヒーの秘密」

◇発掘!あるある大事典2◇
視聴者から多く寄せられる質問
「コーヒーを飲むとやせるというのは本当なのか」を徹底調査。
コーヒー研究の最前線と新事実を伝える。米ハーバード大学で
長年続けられてきた研究によると、コーヒーを毎日5〜6杯飲む人は
飲まない人に比べて肥満原因型の糖尿病の発症が約3割少ないという。
また、コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸に、やせる効果が
あることが判明。効果的な飲み方や1日の飲用スケジュールを紹介する。
ゲストは柴田理恵、辺見えみり、金子貴俊、ビビる大木。


不思議な力!クロロゲン酸の正体とは・・・

コーヒーの発祥の地は、オマールとエチオピアにそれぞれ伝承がありはっきりしませんが、アラビア半島を中心としたアフリカ・中東地域で発祥したのは間違いないようです。

そしてトルコからヨーロッパ諸国、やがては全世界へと広まり現在に至る…と考えられています。

一般的に知られているカフェインによる「眠気覚まし」といったコーヒーの効用の他にも、コーヒーには善玉コレステロールを増やす・ニラや魚など食べ物の匂いを消す・二日酔いの原因アセトアルデヒドの分解を促進するなど実に多くの効用があります。

そしてコーヒーにはカフェインの他にもクロロゲン酸、タンニン、ニコチン酸(ナイアシン)、トリゴネリンなどの薬理作用のある成分が数多く含まれています。

その中でも注目すべき成分はクロロゲン酸で、クロロゲン酸とはポリフェノール類の一種でありコーヒーの独特の香りを形成する成分の一つです。

クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、じゃがいもの皮に多く含まれています。
また、コーヒーの苦みや香りの成分のひとつでもあります。活性酸素の働きを抑える効果があります。
発がん物質の生成を抑制したり細胞の変異を防ぐ働きもあり、一般的にがんを防ぐ効果があるといわれています。
クロロゲン酸を多く含む食品… じゃがいも、さつまいも、コーヒー

このクロロゲン酸は、ポリフェノールの特徴である抗酸化性を持っている他、体内で発ガン物質ニトロソアミン(発がん物質)の生成をおさえ、さらにニトロソ化合物の動きを不活性化する抗変異原作用があることが研究により分かっています。

コーヒーを多く飲んでいる人に肝臓ガンが少ないといった調査報告もあるそうです。

このようにコーヒーの効用にはすばらしいものがありますが、コーヒーには胃酸の過多を促進し、胃を刺激しすぎるといった効用もあり、胃などの消化系の治療をされている場合や妊婦の方は飲みすぎに注意が必要です。

空腹時や一度に大量に飲んだり、成分を多く摂ろうと煮つめたりといった飲み方はやめましょう。


あるある大辞典で紹介!

クロロゲン酸ダイエットコーヒー

テレビ「あるある大辞典」で特集されたダイエットコーヒーはクロロゲン酸のパワーで無理なくダイエットが可能です。効果的なコーヒーダイエットはホットとアイスを交互に飲みながら、適度な運動をすることが重要です。コーヒーのクロロゲン酸の力で豊なダイエット生活をおくりましょう。

クロロゲン酸コーヒー はあるある大辞典で特集されクロロゲン酸がダイエットを応援する成分として注目されています。

コーヒー クロロゲン酸はダイエットに話題の成分なのです。テレビ、雑誌などでも話題ののダイエット法としてコーヒーの焙煎前、クロロゲン酸 コーヒー状態の活用法が注目されています。コーヒーにはカフェインの他にもクロロゲン酸、タンニン、ニコチン酸(ナイアシン)、トリゴネリンなどの成分が数多く含まれています。

クロロゲン酸とはポリフェノール類の一種でありコーヒーの独特の香りを形成する成分の一つです。このクロロゲン酸がダイエットに働きかけるということで話題となっています。

コーヒーにはカフェインの他にもクロロゲン酸、タンニン、ニコチン酸(ナイアシン)、トリゴネリンなどの成分が数多く含まれています。

クロロゲン酸とはポリフェノール類の一種でありコーヒーの独特の香りを形成する成分の一つです。このクロロゲン酸がダイエットに働きかけるということで話題となっています。特にコーヒーの焙煎前のコーヒー ダイエット クロロゲン酸の状態がの様々な働きが注目されているのです

3分でおおいしいコーヒーをいれる4つのテクニック

軽やかでソフトなコーヒーが好きな人も、
コクのある濃厚なコーヒーが好きな人も、

「4つのテクニック」を守れば、いつも自分で完璧な
コーヒーをいれることができます。


本「水」

水は新鮮な冷水を使います。水道水なら浄水器を通すのが理想的。
沸騰させてから、火を切り、96℃〜80℃で抽出します。
新鮮でキレイな水、適度な温度がコツ。
温度が高いと苦く、低いと軽い味わいになります。
使い分けるのもテクニックです。


本「挽き具合」

挽き具合はコーヒーが水と接している時間、つまり抽出時間に
よって決まります。
エスプレッソマシンを使うならパウダー状の極細挽きに、
ペーパードリップなら粗挽きから中細挽きに。
細くなれば苦めに、粗くなれば軽い味わいになります。
使う分だけ、その時挽くのがおいしくいれるコツです。


本「分量」

抽出方法により最適な量を使うこと。
細かく挽いて少なく使うとおいしい部分を蹴散らして、
出し殻の味が出てきてしまいます。
しっかりとコーヒービーンズを使い、濃いと感じるようであれば、
抽出後にお湯を加えて濃さを調節するのがテクニックです。


本「新鮮さ」

新鮮なコーヒービーンズを使うこと。
できることなら2週間以内で飲みきれる量をやきたてで手に入れて、
空気になるべく触れないように密閉容器に入れ、光を避けて冷たい
ところで保管します。
使う分だけ、常温に戻すのがおいしくいれるコツです。

「風味ただようコーヒーの鮮度とは・・・」

本風味ただよう・・・

コーヒーは鮮度が命、基本は豆の酸味が出る前にに飲むべし!

コーヒーは新鮮がいちばん。多数の人がそう思っています。
私もどちらかというと焙煎後1週間以内ぐらいのものが好きです。

普通コーヒーの鮮度は豆の状態で1ヶ月ぐらいは保持できます。
(もちろん保管状態や焙煎後1日目と20日目の豆では多少違いますが)

完全に中まで火が通った完璧な豆でも焙煎直後から熟成が始まります。
いわゆる「味がなじんでくる」という状態です。

焙煎後2週間から3週間目ぐらいのものが一番いいといわれています。
1ヶ月を過ぎたぐらいからコーヒー豆の酸化による、いわゆるいやな酸味というのが
強くなってきます。

香り豊かなおいしいコーヒーとは・・

■あなたにとっておいしいコーヒーってどんな味ですか?

世の中にはおいしいコーヒーといわれるコーヒーはたくさんあります。
代表的なストレートコーヒーだけでも十種類以上、ブレンドコーヒーにいたっては無限大とも言われる種類の味があります。その中であなたが一番おいしいと思う味を探すことはほぼ不可能に近いかもしれません。

スーパーでは100gあたり80円ぐらいのハウスブレンドが売られています。一方で例えばハワイコナやブルーマウンテンのような100gあたり1000円以上するコーヒーも売られています。

しかし、あなたにとっておいしいコーヒーはそのどちらでもないかもしれません。
コーヒーは車などの工業品と違って非常に個人的嗜好が強い商品です。 ある人にとっては、たまたま出会った銘柄、またある人にとっては、苦労して捜し求めた味、そしてある人にとっては、あの時あの場所で飲んだ味が一番だったりします。

例えば同じコーヒーでも朝起きてすぐ飲むコーヒーはおいしいのに、夕方飲むコーヒーはそんなにおいしく感じられない、そんな経験はありませんか?
コーヒーは不思議な飲み物です。昨日と今日でも、朝と夕でも、その日の気分・体調によっても味がちがう、または違うと感じられる、そんな飲み物です。 

コーヒーの伝説

本熱帯地域が生んだコーヒーのルーツはココ!
〜大昔のエチオピアで始まります。

むかし、むかし、エチオピアの高原を山羊飼いカルディは山羊たちと旅をしていました。

ある日、歩き疲れて眠ってしまい、目が覚めると、
山羊たちが木になっている赤い果実を食べているのが目にとまり、
少し様子がおかしいことに気がつきました。
つい先程まで彼同様疲れていたはずが、急に元気になって、跳ね回っているのです。

カルディは不思議に思い、修道院の僧侶にこのことを告げ、
一緒に赤い果実を食べてみたところ、びっくり!!
体に活力がみなぎってくることを知りました。

この実を使って抽出された液体が、現代のコーヒーの原点となったのです。

コーヒーの優れた産地があります。

地球をぐるりとめぐる北回帰線と南回帰線。
コーヒーの木はそのふたつの線にはさまれた地域で育ちます。

なかでも最高級のアラビカ種コーヒービーンズは限られた高地のみで育つと言われています。
高地特有の冷涼な空気と豊かな火山性の土壌によって実はゆっくりと熟し、洗練された風味が生まれるのです

一度はいただいてみたくなるコーヒー、大自然が誇る豊かな恵みを惜しみなくいっぱいに受けた最高級のアラビカ種コーヒービーンズ!機会がありましたら皆さんもどうですか?


身近な健康飲料

本コーヒーはとても身近な健康飲料です!

現代社会はストレスがいっぱい!
自然への回帰、ナチュラルな生活を求めているあなた、化学合成だらけの
食品に嫌気がさしていませんか?

そんなあなたに朗報です!
100%天然由来成分でできているコーヒーは、まさに自然食品の代表。

1000年ほど前から世界中の人々に飲まれていますし、現在ではコーヒーが
健康に良いという研究結果が、次々と発表されています。

高価な健康食品なんて必要ありません!
毎日のコーヒーを楽しみながら、健康になってみませんか?


■コーヒー1杯にカフェインはどれだけ入っているの?

コーヒーに含まれるカフェインは、
煎茶よりも多く、紅茶よりも少ないです。

@コーヒー 0.04%(カフェイン量)
「ペーパードリップで中挽きのコーヒービーンズ
 10gを50mlのお湯で抽出」

A煎茶 0.02%(カフェイン量)
「茶葉10gを430ml、90℃のお湯で1分抽出」

B烏龍茶 0.02%(カフェイン量)
「茶葉15gを650ml、90℃のお湯で0.5分抽出」

C紅茶 0.05%(カフェイン量)
「茶葉2.5gを100ml、90℃のお湯で2分抽出」


■コーヒー1杯のカロリーはいくつ?

コーヒー1杯は約2キロカロリー。
とてもヘルシーなドリンクなのです。

@ブラックコーヒー約2キロカロリー

Aグラニュー糖6グラムを加えたコーヒー約20キロカロリー

Bミルク5ミリリットルを加えたコーヒー 約10キロカロリー

C砂糖・ミルク両方を加えたコーヒー 約28キロカロリー
 




ほったらかし自動アフィリエイトで稼ぐ方法

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このよう な広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を 除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細や このような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、 ここをクリッ クしてください。

ドトールコーヒー!