ほったらかし自動アフィリエイトで稼ぐ方法

TVで話題沸騰!〜クロロゲン酸とはなに!?

TVで話題沸騰!〜クロロゲン酸とはなに!?

発掘!あるある大事典2  ブラックコーヒーにそう身効果?
「やせるってホント?コーヒーの秘密」

◇発掘!あるある大事典2◇
視聴者から多く寄せられる質問
「コーヒーを飲むとやせるというのは本当なのか」を徹底調査。
コーヒー研究の最前線と新事実を伝える。米ハーバード大学で
長年続けられてきた研究によると、コーヒーを毎日5〜6杯飲む人は
飲まない人に比べて肥満原因型の糖尿病の発症が約3割少ないという。
また、コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸に、やせる効果が
あることが判明。効果的な飲み方や1日の飲用スケジュールを紹介する。
ゲストは柴田理恵、辺見えみり、金子貴俊、ビビる大木。


不思議な力!クロロゲン酸の正体とは・・・

コーヒーの発祥の地は、オマールとエチオピアにそれぞれ伝承がありはっきりしませんが、アラビア半島を中心としたアフリカ・中東地域で発祥したのは間違いないようです。

そしてトルコからヨーロッパ諸国、やがては全世界へと広まり現在に至る…と考えられています。

一般的に知られているカフェインによる「眠気覚まし」といったコーヒーの効用の他にも、コーヒーには善玉コレステロールを増やす・ニラや魚など食べ物の匂いを消す・二日酔いの原因アセトアルデヒドの分解を促進するなど実に多くの効用があります。

そしてコーヒーにはカフェインの他にもクロロゲン酸、タンニン、ニコチン酸(ナイアシン)、トリゴネリンなどの薬理作用のある成分が数多く含まれています。

その中でも注目すべき成分はクロロゲン酸で、クロロゲン酸とはポリフェノール類の一種でありコーヒーの独特の香りを形成する成分の一つです。

クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、じゃがいもの皮に多く含まれています。
また、コーヒーの苦みや香りの成分のひとつでもあります。活性酸素の働きを抑える効果があります。
発がん物質の生成を抑制したり細胞の変異を防ぐ働きもあり、一般的にがんを防ぐ効果があるといわれています。
クロロゲン酸を多く含む食品… じゃがいも、さつまいも、コーヒー

このクロロゲン酸は、ポリフェノールの特徴である抗酸化性を持っている他、体内で発ガン物質ニトロソアミン(発がん物質)の生成をおさえ、さらにニトロソ化合物の動きを不活性化する抗変異原作用があることが研究により分かっています。

コーヒーを多く飲んでいる人に肝臓ガンが少ないといった調査報告もあるそうです。

このようにコーヒーの効用にはすばらしいものがありますが、コーヒーには胃酸の過多を促進し、胃を刺激しすぎるといった効用もあり、胃などの消化系の治療をされている場合や妊婦の方は飲みすぎに注意が必要です。

空腹時や一度に大量に飲んだり、成分を多く摂ろうと煮つめたりといった飲み方はやめましょう。


ほったらかし自動アフィリエイトで稼ぐ方法

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このよう な広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を 除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細や このような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、 ここをクリッ クしてください。

ドトールコーヒー!